CONCEPT

WHAT’S DUFFER

The Duffer of ST.George(ザ・ダファー・オブ・セントジョージ:以下ダファー)は、
1984年エディー・プレンダーガストとマルコ・ケアンズによって設立されたブランド。

ブランド名の由来は1960年代の英国コミック誌“Boy’ Own”に掲載されていたThe Duffer of ST.George.という物語からきています。

パブリックスクールのいたずらっ子たちが織りなす物語や
本来「やんちゃ」「まがいもの」などの意味を持つ“DUFFER”という単語から、
インスピレーションを受けた上品さの中にもひねりや遊びのあるスタイルが、ブランドイメージの特徴です。

LOGO

ロゴは、英国で個人や氏族、団体や組織を表す紋章(コート・オブ・アームズ)をモディファイしております。
盾(エスカッシャン=シールド)を取り囲むガーター(ベルト)には、
BENE PUGNO(ラテン語の流れをくむイタリア語で、良い拳=グッドファイター)と記し、
創立当初のメンバーの気概を表しています。

ザ・ダファー・オブ・セントジョージ

DESIGNER

創設者の一人であり、現在もダファーのデザイン全般におけるクリエイティブを担当しているマルコ・ケアンズ。

CONCEPT & KEYWORD

CLASSLESS(無階級),IN THE KNOW(事情通),WELL CONNECTED(内情に通じている)
SMART(洒落た),PLAYFUL(遊び好き),SPORTY(スポーティ)
GOOD HUMOURED(センスあるユーモア),BOYSY(少年らしさ)

一見、難しそうなもの同士を“ツイスト”でミックスし
上品の中にも遊び心を忘れない姿勢がダファーのスタイルです。

HISTORY

1984
Eddie Prendergast と Marco Cairnsが、”The Duffer of St.George”社を創立。
ヴィンテージとアンティークの衣料販売スタート。
1985
英国ノッティングヒルのポートベローに1号店オープン。
1987
英国ソーホーのD’Arblay ストリートに2号店オープン。
オリジナル商品のコレクションスタート。
1990
ACIDJAZZで定番となったスエード使いのカーディガンが人気を博す。
REDWING WORKBOOTSを英国にて最初に展開。
1992
BRITISH FASHION COUNCILからINNOVATIVE DESIGNER OF THE YEAR’ AWARDを受賞。
1993
THE DESIGNER OF THE YEAR を受賞。
PHAT FARM CLOTH英国にて最初に展開。
1995
Retailer of the Year award を受賞。
Clark’s のWallabee shoesを人気商品化する。
2014
ブランド創立30周年を迎える。
全国のダファーにて各ショップ限定のアニバーサリーアイテムを販売。
2015
オフィシャル・オンラインショップをオープン。
2016
日本・英国・米国のカルチャーをミックスし、日本のクラフツマンのスキルを駆使し再構築した新ライン「DUFFER JAPAN」が春夏からスタート。
様々なスポーツのシーンやウェアのディテールからインスピレーションを受け、アーバンライフウェアとして構築した新ライン「DUFFER BLACK LABEL」が秋冬からスタート。
59+