EVENT

The black label of the autumn winter season of 2018 is a collection that imagined the Parkour team that runs through the concrete jungle.
Easy to move and detachable items.
Like the previous season, it is a collection that arranges concept colors, has high functionality, and is reminiscent of urban outdoor.

2018年秋冬シーズンのブラックレーベルは、コンクリートジャングルを駆け抜けるパルクールチームをイメージしたコレクション。動きやすく着脱もイージーなアイテム。
先シーズン同様に、コンセプトカラーを散りばめ、機能性も高く、そしてアーバンアウトドアを連想させるコレクションです。

What’s Parkour?

Parkour is a sports or behavior training that emphasizes moving exercises such as running, jumping, climbing, developed from French military training.
Georges Hébert, a former French naval officer’s sports instructor, was impressed with the physical abilities of the local people when visiting Africa and devised a training called a méthode naturelle (natural method) consisting of ten basic exercise groups(walking, running, jumping, crawling, climbing, balancing, throwing, lifting, self-defending, swimming).
This training was introduced into the French military and developed into form called “parcours du combattant” to use the course where I put an obstacle for and became the standard reinforcement training of the soldier of France.
Time has passed, Raymond Bell, who experienced this military training as a French army soldier, further developed its training (Training method including more elements such as running, jumping, climbing, balancing), named “le parcours”.
Raymond’s son, David Bell, succeeded as a stuntman by developing the training method he inherited from his father.
From the advice from film director Hubert Kunde, to give more impartial and dynamic impression to the name of the training method, changed c to k, removed the last s.It’s a “Parkour”.

パルクールとは?

パルクールとは、フランスの軍事訓練から発展した、走る・跳ぶ・登るといった移動所作に重点を置く、スポーツもしくは動作鍛錬。
元フランス海軍将校の体育教官ジョルジュ・エベル(Georges Hébert)は、アフリカを訪問した際に、現地の人々の身体能力に感銘を受け、(歩く、走る、跳ぶ、這う、登る、バランスをとる、投げる、持ち上げる、自衛する、泳ぐ)10種の基礎的運動群からなる”méthode naturelle(自然な方法)”というトレーニングを考案。
このトレーニングは、フランス軍に導入され、障害物を置いたコースを使う”parcours du combattant”という形に発展し、フランス軍兵士のスタンダードな強化訓練となった。
時を経て、フランス軍兵士としてこの軍事訓練を体験したレイモンド・ベル(Raymond Belle)は、さらに独自発展させて、走る・跳ぶ・登る・バランスをとる、といった要素をより多く含んだトレーニング法を自主開発、”le parcours” と名付けた。
父からこのトレーニング法を受け継いで発展させた息子のダヴィッド・ベル(David Belle)は、スタントマンとして成功。
彼は、映画監督のユベール・クンデ(Hubert Koundé)からの助言から、鍛錬方法の名前にもっと力強さやダイナミックな印象を与えるため、cをkに変えて最後のsを取り除き、”Parkour”と名付けた。

This season’s visual are featuring photos of Japan’s best parkour team “URBAN UNION”.
Please see the collection along with their acrobatic performances.

今シーズンのヴィジュアルは日本屈指のパルクールチーム「URBAN UNION」をフューチャー。
彼等のアクロバティックなパフォーマンスと合わせてコレクションをご覧ください。

Color Concept
カラーコンセプト

The color concept of this season is based on “black” which is also the image color of the brand.4 colors are reflected in items.
ブランドのイメージカラーでもある「ブラック」をベースに。4つのカラーをアイテムに反映しています。

“Red” reminiscent of the sun and energy.
太陽とエネルギーを連想させる「レッド」。

“Dark gray” of concrete jungle.
コンクリートジャングルの「ダークグレー」。

“Navy” in the sky looking through the building.
ビルから覗く空の「ネイビー」。

Keep balance “white”.
バランスを保つ「ホワイト」。

SEASON STYLE 1

先シーズン好評だった2.5層のナイロンパーカが新配色でアップデートされた。
ボトムにはフリース切替のパンツを合わせたアーバンアウトドアスタイル。
機能素材のアウターで悪天候にも対応可能。もちろんファスナーはアクアガードと細部に至るまで抜かりがない。フリースパンツはナイロンストレッチが補強され、クライミングパンツをBLACK LABEL流に捻りを加えたモデルでパルクールの雰囲気にもマッチする。

モデル着用アイテムはこちら

SEASON STYLE 2

コンセプトカラーのレッドを散りばめたボアフリースブルゾン。保温性も去ることながら、ハイネック仕様なのでアウターとしても活躍出来る。ボトムには先シーズンのヒットアイテム、ブラックデニムをデザイン変更させたNEW MODEL。ヒップポケットのファスナーや裾裏のリフレクターがさり気ないディテールポイント。一見シンプルだが、ロングベルトやバックにも小技が効いたアイテムばかり。

モデル着用アイテムはこちら
BLACK LABELの商品一覧は、こちら
17+

EVENT TOPへ戻る